新着情報

 

日誌

東山小学校 >> 記事詳細

2023/06/05

6/5 始まりはオリンピック?【3の1】

| by kanri
「小学校3年生の音楽からは、リコーダー演奏を行う」というのは、もう当たり前のこととなっています。さて、このリコーダー演奏はいつから学校教育に取り入れられたのか、ふと疑問に思い調べてみました。
 1936年ベルリンオリンピックが開催され、そこで子どもたちが演奏するリコーダーに感銘を受けた日本人が、日本に持ち帰ったことが始まりだそうです。そこから、日本でリコーダーが製造をされるようになり、1947年、戦後の学習指導要領に「3年生からは打楽器に加えて笛、ハーモニカ、木琴、ピアノ、オルガンなど」と書かれ、日本全国で演奏されるようになったとのことです。と、いうことは、小学校3年生以上の人のほとんどが演奏できる楽器なんですね。3世代演奏も夢じゃないですね。


11:47 | 3年生

カウンタ

COUNTER2474203

携帯サイト

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。