本日の様子

新規日誌8 >> 記事詳細

2024/03/19

卒業式 校長式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 本日の卒業式で、卒業生に次のように話しました。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////   
 さて、私は皆さんと三年間、この大府小学校で学校生活を共にしました。この間、みなさんにはさまざ
まなメッセージを伝えました。今日は最後のメッセージとなります。あらためて三つお話しします。
 まず一つ目は、たくさんの失敗をしてほしい、ということです。卒業式というおめでたい式で失敗しろと
は何事だ、と思う人もいるかもしれません。でも聞いてほしい。失敗したということは挑戦したということ
です。怖かったけれども、不安だったけれども足を踏み出したということです。以前皆さんにお話しした
「黒色の反対は白色ではない」という話を覚えているでしょうか。黒色も白色も色がついているということ
では同じです。だから、すべての色の反対は無色透明だという話です。同様に、成功も失敗も挑戦したとい
うことでは同じです。その成功や失敗と全く反対に位置するものが「何もしない」ということです。私は、
みなさんに何もしない人にはなってほしくない。不安があろうとも、やってみる人になってほしいのです。
失敗上等、どんとこい!です。今後も、失敗を経験に変えて進んでいける、そんな人であってほしいと思っ
ています。これが一つ目です。
 二つ目は、行いで示せる人になってほしい、ということです。例えば、思いやりについて、雄弁に語る人
ではなくて、あなたの周りにいるかもしれない元気がない人に「どうしたの」と一声かけることができる人
であってほしいのです。環境問題を詳しく解説できること以上に、落ちているごみをサッと拾うことができ
る人であってほしいのです。ルールやマナーの大切さをみんなに呼びかけ行動するのと同じように、トイレ
のスリッパをそろえることができる人であってほしいのです。もちろん、言葉は大切です。言葉でこそ伝え
ることができるものがあります。ただ、言葉以上に人はあなたの行いを見ています。「誰も見ていない」
と思う場面でも、そこでとった行動は他の人に伝わるものなのです。不思議なことですが、日ごろの行い、
ふるまいは、言葉以上にその人の姿からにじみ出るものだと思います。ですから、みなさんには行いを大切
にしてほしいのです。言葉を丁寧に扱い、前向きな言葉を自分のエネルギーとするなど言葉の力を借りなが
らも、行いで示していく。そんな素敵な人になってほしいと願っています。
 最後三つ目は、魔法の言葉「ありがとう」が、口癖になっている人であってほしいということです。これ
も以前、人の心に一番届く魔法の言葉が「ありがとう」だとお話したことがあります。「ありがとう」は、
誰に対しても、どんなことについてでも、短く簡単に伝えられる魔法呪文のような言葉です。口癖にしやす
く、かつ受け取った人が幸せな気持ちになる言葉です。しかも、誰でも今すぐに身につけることができる魔
法呪文だと思っています。ぜひ、「ありがとう」が口癖になっている人になってほしいと願っています。も
う一つ、「ありがとう」について、大切なことを一つ付け加えておきます。この魔法の言葉は、使った後、
使った人自身もとても幸せな気持ちになります。まさに、あなたも幸せ。私も幸せです。
 以上、三つお話をしました。今後どんなに厳しい世界であっても、みなさんが強くしなやかに生きていけ
るよう、私はずっとみなさんを応援しています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 卒業生に幸多かれと、心から願っています。
14:36 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)

新着情報