本日の様子

新規日誌8 >> 記事詳細

2024/03/22

修了式 校長式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 修了式でこどもたちに次のような話をしました。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////   
 先ほど学年の代表の人に修了証を渡しました。修了証というのは、その学年の一年間の学習内容、生活
に関することを修めることができたという証明書です。つまり、次の学年に進むための切符のようなもの
です。受け取った切符の内容を確かめながら、次のスタートへの準備をしっかり行ってほしいと思ってい
ます。
 さて、明日から新しい学年が始まるまでの間、やや短めのお休みに入るわけですが、ここでみなさんに
しておいてほしいことがあります。「さっき言った次の学年の準備でしょ」と思った人、半分正解です。
次の学年の準備をする前にやっておいてほしいことです。それが「自分研究」です。自由研究だったら聞
いたことがあるけど、自分研究なんて知らないなぁ、と思った人が多くいると思います。今から具体的に
説明しますね。
 例えば、「自分はどんなときにうれしくなる人なんだろう」と考えるんです。逆に「自分はどんなとき
にいやな気持になることが多いだろう」でもいいし、「自分はどんなタイプの人と友達になることが多い
だろう」などもいいですね。とにかく自分の考え方や感情、気持ちを分析、つまり振り返って考えてみる
んです。そして、考えた内容を紙などに書き出します。書き出すことで、分析した結果が残ります。結果
を残すことで、さらに自分研究を深めていくことができます。校長先生が一番おすすめする方法は、日記
です。日記を書くことは、自分研究そのものだと思っています。日記は苦手だなぁという人も、短い文で
構いません。分析した自分をどんな紙でもよいので書き残しておきましょう。こうして、自分がよくする
考え方や好き、嫌いの感情などを整理して積み重ねていくと、学習でも生活でも自分をレベルアップさせ
やすくなります。今の自分がどんな自分が知った上で物事に取り組めるようになるので、自分を成長させ
やすいんですね。だからこそ、次のスタートの準備をする前に行っておいてほしいのです。校長先生の言
う「自分研究」、学年が上がるこの時期に、ぜひ取り組んでください。

 それでは、みなさんが前向きな気持ちと「やるぞ」という決意をもって新年度を迎えることを大いに期
待をしています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 終わり始まりのこの時期だからこそ「自分研究」が大切だと考えています。
 4月のスタートがよいものとなるように、学校もしっかり「自分研究」を行い準備をいたします。
 本年度いただきました多大なるご支援に心から感謝申し上げます。
 令和6年度も、変わらぬご支援をお願いいたします。
12:19 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)

新着情報