この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
大府 大府市立大府小学校
 

本日の様子

新規日誌8 >> 記事詳細

2023/12/04

校長室から 人権講話

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 本日の朝会で、人権週間でのお話として、子どもたちに次のように話しました。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////  
 今日は、インドに伝わるお話をみなさんにスライドを使って紹介します。
  ※【ひび割れつぼのおはなし】を読み聞かせました。
 私たちは、誰もがひび割れつぼのようにひび、つまり、苦手なことや失敗した経験をもっています。校
長先生もひびをもっています。
 逆に、誰でも、得意なことやうまくいったこと、つまり光るところももっています。ひびも光るところ
も丸ごとその人であり、あなたなのです。
 そして、私たちは得意なことを人のために、または足りないところを補い合って生きています。ときに
は、ひび割れつぼのお話のように、不得意なことだって人の役に立つときもあるかもしれません。私たち
は、そうやって人と人の関係を築きながら生きているのです。ですから、人のひびを笑ったり責めたりす
ることは止めましょう。繰り返します。ひびも光も含めて、丸ごと大切なその人です。丸ごと大切なあな
たです。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 上の写真は、一本のナンキンハゼの木から落ちた葉っぱです。同じ木から、さまざまな色の葉が落ちて積
もっていきます。どの色もそれぞれすてきです。
 これからも折に触れて、「あなたも幸せ。私も幸せ」、そんな生き方ができるよう子どもたちにアプロー
チしていきたいと思います。
 今後も変わらぬご支援をお願いします。

12:09 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

新着情報